看護師の技術向上のための研修制度

看護師は資格を取得する時に加えて、看護師になってからでも何度も研修を繰り返す職業です。
資格取得の際の研修は、必ず経験しておかなくてはならないためそれを回避するのは不可能です。
しかし正式に看護師になってからの研修は、働いている職場によってほとんどなかったり逆に驚くほど多い場合もあります。
割合としては一般的には個人病院ほど少なめで、大学病院に勤めているほど多いといわれています。
医学は日進月歩で技術が進んでいるため、他の場所に職員を派遣することによって優れた知識をより多く吸収していく目的があるのでしょう。
それによって勤務歴が長いほど豊富な知識と経験をもっているといえますが、一方で休職や再就職でブランクのあいたケースではその間の情報が無いため、職場復帰の際はその点でハードルがあがってしまう問題も考えられます。
新人や職場復帰した者が困らないようにするためにも、職場での情報の共有は必ずおこなっておく必要があります。

看護師の研修で培うべきもの

看護学校を卒業して看護師として社会人デビューする人は毎年沢山いらっしゃいますが、その多くの人が入職してどのような業務に取り組むのか、どのような環境なのか不安に思うことは沢山あるはずです。
そんな不安を和らげてくれるのが研修です。
しかし、研修はこれから先の土台を作り上げる作業でもありますのでしっかりとした気持ちで取り組まなければなりません。
看護師が最初に突き当たる壁は命に関わる仕事だという責任感と現場の忙しさというギャップです。
繁忙な中で高い技術を正確に求められる上に患者の多様なニーズが重なって息詰まってしまう新人も少なくはありません。
看護師という仕事は想像以上に忙しく神経を使う仕事ですので、憧れだけでは長くは続かないでしょう。
そうならないためにも最初の研修をしっかりとこなして看護というものは何をするべきか、自分は勤め先でどのように動けば良いのか、そして自分に求められているものは何なのかを把握することが大切です。

『看護師 研修』 最新ツイート


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/g2d73ojq/oicculocanig.net/kensyu.html on line 78

check

最終更新日:2016/6/24

Copyright (C) 2015「笑顔いっぱいナースさん」All rights reserved.